The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本の女子が大学に行くなら知っておくこと

以前、「日本の女性が大学に行くべきでない理由と、めざすべき仕事」という記事を書いた。

 

aki-pwd7.hatenablog.com

 

記事の内容としては、日本企業は終身雇用、年功序列という制度があるため、結婚を機に退社することが多い女性は、日本企業にいくと貧困層になりがちなので、資格職、や手に職がつく仕事に就いた方がいいという内容だ。

 

だけど、それでも、大卒で日本企業に行くという場合、女子が知っておくべきことがある、それを書きたい。

 

★★★

 

1)浪人してはダメ

とにかく日本企業は、経歴に汚れがないことを求める。だから、浪人は女子にとって、大きなマイナスになる。だから、とにかく新卒で日本企業に入るつもりなら浪人しない。現役で大学に入る。

 

2)有名大学にいく

 女子がまともな会社行こうと思ったら、日本の場合、有名大いくしかない。現役でかつ有名大にはいる。これが求められる。

 

国公立大か、マーチ、関関同立早慶上智、、まあこの辺じゃないと厳しい。アホらしいけど、そういう感じ。

 

3)美人

日本の会社ってすごい顔を重視する。新卒一括採用だから、学歴と顔しか分からないんだよね。特に日本企業は男社会だから、当然、美人じゃないと厳しいってなる。

 

めちゃくちゃだけど、まあ、そんな感じ。

 

★★★

 

上の1〜3の条件をクリアしたならば、大卒で日本企業目指すのも有りだと思う。だけど、新卒で失敗したらアウトだから、あんま進めないけど。

 

とにかくまともな日本企業に女子が入る条件は、現役で、有名大学で、美人であること、これに該当しないなら、資格狙いの方が絶対良い。

 

当然、留年とかは絶対しない。

 

ということだと思います。がんばってください。■