The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

ユーチューバーの凄さに気がついてしまいました

最近、ユーチューバーが稼ぎに稼いでいるというニュースを読む。

 

そのたびに、わたしは、「ぐぐぐぐっ、憎い、YouTuberが憎い、遊んで簡単に大金を稼いで憎い、、、」という憎悪の禍々しい感情に脳が支配されていた。

 

いたのだけど、冷静に考えると、簡単なら自分ですればいいじゃん、と思って、具体的に考え出したら、ユーチューバーの凄さに気がついてしまった。

 

ユーチューブ動画の制作工程を考えると、企画、撮影、編集、アップロード、を繰り返し、かつ、たくさん視聴されないと1円にもならない。

 

これって凄くない?! まず企画が思いつかないし、撮影も大変だし、編集も大変だし、さ。

 

これは凄いことですよ。そう考えると、トップクラスで稼いでるユーチューバーってなんだかんだで凄いなって思うんだよね。

 

1人で全部やってるわけでしょ。映画とかドラマなら、役割分担じゃんね、監督、役者、カメラマン、脚本家、全部、バラバラにして分業してる。けど、ユーチューバーは、1人でカメラから脚本から役者まで全部やるわけで、凄いなー、と思った。

 

しかも、頑張って作っても人気でないと集金できないし。

 

でも、今の時代、ここまでユーチューブが人気になると、チーム制も出てくるような気がする。企画マンと演者に別れるとか。2、3人でチーム組むとか。

 

、、、、そう言う風にユーチューバーの大変さ、に想いを馳せたら、ユーチューバーが憎いと言う気持ちが少し和らぎました。■