The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

なぜ日本の左翼は戦争をしたがるのか? 

日本の左翼勢力をみてて不思議なのは、共産党にしろ、民主党系にしろ、社民にしろ、れいわ新撰組にしろ、米軍は日本から出て行け、っていうスタンスだよね。

 

特に沖縄は米軍の基地が多いから、沖縄から基地を無くせ、という主張。

 

確かに、アメリカ軍が日本国内に常駐してるのは、異常だという面はあると思う。思うんだけど、日本って中国、ロシア、北朝鮮に包囲されてるから、どうしてもアメリカと組んで、押さえつけるしかないわけじゃんね。

 

この状況で、米軍が出て行ったら、日本1人で、中露北朝鮮と、やりあうわけでしょ?

そうなったら、自衛隊は軍隊にしないといけないし、そうなったら、当然、戦争もしないと日本本土を守りきれない場面も出てきちゃう。

 

だからこそ、アメリカ軍の基地が日本にあるわけじゃん。それを、どかそうという左翼は、ロシアや中国と戦争する覚悟あんの? って話なんだよね。

 

でさ、左翼の話を聞くと、中国やロシアは良い人たちだから話せば分かる、っていうじゃんね。話なんか通じる国じゃないよね? 気に入らない弱い国なんかボコボコにされてるわけで、ほんと、意味わからないんだよね。

 

結局、戦争することになるわけじゃん。なんで、そう日本の左翼は戦争したがるのか? が分からない。■