The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

終身雇用制度で日本が滅ぶ理由

兵庫県宝塚市氷河期世代(40前後)を対象に公務員の募集をかけたところ、3人の採用枠に1800人ほど申し込みがあったというニュースを見た。

 

blog.livedoor.jp

 

これで、日本が人手不足である、ということが真っ赤な嘘であるということが証明されたと思う。職のない中高年が大勢いるっていうことなんだよね。

 

だけど、日本の年齢制限が厳しいから、足きりで30こえてくると採用試験受けれない。一般的に公務員試験も30までしか受けれない。

 

つまり人手不足っていうのは30以下の20代が少ないって話なだけで、それより上の世代は失業者が大量にいるって言うことなんだよね。

 

どうしてこういう現象が起きるか? 日本って終身雇用制度がって新卒一括採用になるから、若くないと採用してもらえない、そういう制度になってる。

 

だから、新卒の時期に不況だと大量の失業者がでる、結果、氷河期世代とかだと所得が低いから、この世代は子供が持てない、そういう図式になる。

 

いまは好況だから、若い人は就職が良い。でも、また不況がきたら、また大量の失業世代が生まれる、その繰り返しで、加速度的に少子化になる。

 

だから、この終身雇用制度を維持する限り、どんどん少子化になる。少子化だけじゃない。中途採用がないため、妊娠出産でやめる女子が、貧困層に落下する。その結果、この貧困を持ってして男尊女卑になるわけ。

 

まだあるよね。転職できないから、企業の腐敗が進め。公務員も同じ。日本の官僚腐敗だって、終身雇用があるからだよ。生涯官僚だったら権力が集中して腐敗する。

 

もう、終身雇用には良い点が何一つ無い。

 

ようは終身雇用制度って解雇が無い、イコール、社会主義、あるいは共産主義なんだよね。そうなると、どうしても腐敗する。ロシアしかり中国しかり。

 

社会主義という制度が、ニアイコールの終身雇用という制度が腐敗をもたらす制度で、そこを、潰せないと、日本は、この制度とともに滅ぶと思う。

 

本当に、終身雇用が日本最大のガンだと思う。これが失われた30年の原因です。■