The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

男子は、お金がないと彼女を作れない理由

すもも氏の記事「男性の辛さの構造」という記事を読んで思ったのは、身も蓋もないことだけど、男子はお金がないと彼女が作れない、ということなんだよね。

 

note.mu

 

日本は世界的に見て、女子が経済力で男子を選ぶ国なんだよね。その理由は、歴史とか労働環境とか風土とか、いろいろあるんだろうけど、とりあえず現状そうなんだよね。

 

つまり女子は女子というだけで、モテる。痴漢で辛いみたいなのはわかるのだけど、換言すると、それぐらい男子から欲望されてるということなんだよね。

 

そのモテる女子に振り向いてもらうために、男子はお金稼ぐしか無いんだよね。デートで奢ってあげるとか、車出すよとか、結婚なら、家を買いますよとか、公務員だから俺と結婚すれば、良い生活できるよ、とかがないと男子は女子と付き合えない。

 

だから男子は苦しいんだよね。お金が無くなったら女子から相手にされないから。

 

こういう現実があって、つまり女子は男子を選び補題なわけじゃん。圧倒的に今の時代、女子が強者なんですよ。フェミニストは女子は弱いと主張する、でも違う、逆なんだよ、圧倒的に強いのは女子。

 

今の時代、経済力は男女で同レベルになっている。看護師の男女がいたら、同じ給料なんだよね。プログラマもそう。同じ腕のプログラマなら、給料変わらない。公務員もそう。

 

女子が低くなりがちなのは、女子が日本では非正規やら低い給料の仕事をしてるからなんだよね。

 

こういう現状だと、男はお金頑張って稼いでも、女子も稼げてるから、付き合えない。例えば、小さな会社の男性社員がいて、頑張って、気になる女医さんに、鰻を奢っても、女医の給料からすれば、鰻奢ってもらっても、なんの感動もない。そうすると振り向いてもらえない。

 

そういう構造があって、そうだと、男子は、さらにお金を稼ぐしかないんだよね。彼女欲しかったり、したらね。

 

まあ、そういうことなんだと思います。■