The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

YouTuberが、めっちゃ稼いでいて妬ましい件

人気YouTuberのシバターさんが動画で、いくら稼いでいるのか? という動画をみた。みました。

 

youtu.be

すごい。本当に。月に400万から900万稼ぎ出している。

 

これは、若者はYouTuberを目指すわな、、、って思いました。だって、YouTubeって、エロいのはアウトっぽいけど、他は何でもアリって感じだしね、完全な競争社会。東大出てようが、中卒だろうが、関係ないもんね。

 

TVの芸能人とどっちが稼いでるんだろうね。これなら、ジャニーズとかAKBとか、アイドル目指すよりYouTubeで有名になれば、そっちの方が稼げるもんね。しかも芸能界のシガラミみたいなのもないしね。

 

すごい世界だ。

 

だけどグーグルってよく給料出せてるよね。広告収入から、YouTuberに分配してるんだよね。基本。それによって、面白いコンテンツが生まれ、さらにグーグルが儲かるっていう循環だよね。今のところ。

 

そして広告収入が命だから、地上波TVのように、「節度」が重要になる。つまり、女の子が裸になるとか、暴力的な動画とか、「子供に見せられないような動画」は弾かれる。商品価値が無いってことになる。これが広告ビジネスだよね。

 

逆に広告に頼らないビジネスなら、ネットフリックスとかフールーとか、みたいな形式だと、かなり際どい動画も作れるってとこだろうだと思う。

 

すごい時代になったなぁ、、、と思う。

 

極論、高校生でも人気出れば年収1億とかいけるもんね。しかも、YouTubeって撮るのに必要なのって、iPhoneあれば十分とれるもんね、編集するならMacが欲しいとしても、初期費用なんか、30万あればいいし、そもそもスマホ持ってれば初期費用すらいらない。だってiPhone持ってる人いるもんね。いっぱい。

 

商売って在庫リスクとか初期費用が大変だけど、それがゼロだからね。ほぼ。

 

そりゃみんな目指しますよね。YouTuberを。

 

イデアある人は、やった方がいいと思います。本当に。■