The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

若者が自分の未来を1ミクロンも悲観しなくて良い理由

日本の未来は絶望だ、、、そういう話をよく聞く。理由は、少子高齢化なんだよね。つまりさ、若者が高齢層の年金を払うシステムだから、老人が多くなると若者が増税で死ぬって図式。

 

まあ、そこの部分だけ見ると確かにそうかもしれないけど、違うポイントを見て欲しい。まず、若者の人口が少ないわけじゃん。とりあえず、この場合の若者は現在35歳以下の人と定義するね。

 

そうなると、若いってだけで貴重なんだよね。いないんだもん。若い人。そうなると必然、社会としては大事にせざるを得ないというか、とにかく重宝される。この時点でラッキーだよね。

 

今の高校生以下なんて、トキみたいなもんだよ。絶滅危惧種だよ。日本民族そのものが絶滅危惧種なんだし。そら大事されますよ。

 

自民党少子化対策も、現在進行形で、完全にアホレベルだから、ますます少子化になってるから、兎にも角にも貴重なんだよ。若いだけで。だから、安心していい。仕事には絶対困らない。

 

それから、年金システムなんだけど、日本の年金システムって単純に若い人が高齢者を養うってことなんだよね。だけれど、人口動態が、若者<<<老人、でしょ。この時点で、つまり破綻してるんだよね。

 

破綻してるってことは、遅かれ早かれ、どこかの時点で年金制度を再構築することになる。絶対。

 

だって今のままだと人口比からいって年金がストップするじゃんね。でさ、政府としては老人見捨てて、餓死させたいはずなんだよね。だけど、生活保護制度が日本にはあるから、それで破綻しちゃうんだよね。基本的にはね。

 

どっかの時点で再構築しないと、シンプルに大変なことになるから、その時点の与党が自民だとして、確実に政権交代になる。飯が食えなくなるって、それほどインパクトあるからね。そうなると自民ですら必死だよ。

 

だから、何らかの変化は起きる。だから、若者は心配しなくていい。

 

最後に、一番ありそうなのは、日本が借金で破綻だよね。国債の発行額が異常だもんね。欧州だったら、EUには入れないレベル。実質借金じゃないとか言ってるけど、どうみてもヤバイよ。実質ゼロ円とか、だいたい嘘だからね。舐めんな、って話だよ。

 

まあ破綻したらしたで、若い人は、どうにかなると思うんだよね。若いし。破綻した方が、むしろ、古いシステムがぶっ壊れていいような気がするしね。

 

それに日本人、どん底に落ちてからが結構いいじゃん、歴史的に。戦後だと酷い状態から、這い上がるんだけど、逆に言うと、どん底になんないとスイッチ入らない民族なんだと思うんだよね。

 

夏休みが終わる1日前に宿題始めるタイプじゃなくて、夏休みが終わって、先生に怒鳴られてスチッチ入る的な。

 

ということで破綻しても若ければなんとなると思います。

 

結局、未来なんか分からないんだよね。そうなってくると、大事なのは、今を一生懸命生きるってことに尽きる。

 

予想なんか、無意味ですよ。だけど概ね、悪く無い感じだから、とにかく若い人は今を一生懸命生きれば本当に大丈夫だと、思います。

 

ダメだった時? それは、まあ、仕方ないよね、、。とほほほーんである。■