The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

35歳以下の男女が、会社を辞めていい理由

結構、最近まで、新卒で就職を失敗すると人生終わり、っていう所があった。新卒一括採用だからね。

 

でも、一部の大企業を除いて、新卒一括採用は崩れてると思うんだよね。大手のマスコミとかは、確かに完全な新卒主義だと思うんだよね。朝日新聞社とか文藝春秋とか、この辺は新卒じゃないとダメみたいな所がある。実際。

 

それ以外の業界で、今何が起こってるか? というと第二新卒っていう考え方なんだよね。これを、どう解釈するかは論が割れると思うんだけど、ここでは第二新卒っていうのは、35歳以下の男女を指す。

 

つまり、35歳以下なら、基本的に正社員でリカバリが効くんだよね。実際、知り合いで、名もなき大学でて、新卒でブラック企業入った知り合いがいる。そこで3年くらい仕事して、25歳になった。

 

で、その時、彼は子供がいたんだけど、転職活動して、そこそこホワイト企業入って元気でやってる。つまりリカバリが効いてる。35歳以下だったから、だと思うんだよね。

 

こうして考えると、電通に入社して自殺した女子がいたけど、ほんと、もったいなかったんだよね。第二新卒リカバリが効いたはずなんだよね。特に電通に受かったっていう実績があったわけで、だから、彼女は自殺しないで単純に退職すべきだった。いくらでも、今の時代、チャンスはあったんだよね。公務員試験もあったし、民間もあったし、と。

 

だから、今の時代、新卒でミスったとか、就職決まらず卒業した、とかでも全然、大丈夫だと思う。

 

いくらでも仕事はある。

 

時代は変わりました。本当に。

 

だから35歳以下で自殺は無駄だと思います。本当に。中卒高卒、学歴関係なくね。

 

今の日本は35以下ならチャンスに溢れてる。■

 

【おすすめ商品】