The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

令和カップルは割り勘で良いのではないか? 

日本ではデートは男子が奢る、地方だと自動車をだす、が当然、という常識が俄然ある。

 

あるのだけど、これって昭和時代で、女子が仕事ができない時代なら、当然だと思うんだよね。女子は稼げないのだから、男子がお金出すしかないし養うしかない。

 

でも、平成、令和ときて、女子も男子と同レベルで稼げるわけじゃんね。女子大生なんてパパ活やら水商売で、短時間で大金稼いでるし、そう考えると女子の方が今の時代、圧倒的にお金持ちなんだよね。

 

男子はっていったらバイトなんて居酒屋とかで時給800円とかしかないし、就職したら就職したで、給料、女子と同じだよね。女と男の医者や公務員で給料格差あるか? って言ったらないもんね。

 

だったら、デートは男が奢る理由がないじゃんって思うだよね。

 

だから、令和時代だし、デート費用なんて割り勘で良いと思うんだよね。

 

まあ、だけど、割り勘にすると、「男のくせにダサい」という女子の都合の良いダブルスタンダードが出てきて、付き合ってもらえない、ってなるわけだよね。

 

、、、、、、こうなってくると彼女欲しかったり、結婚したい男子は奢るしかないもんね。ほとんど経済DVだよね。

 

こう考えると、やっぱ男子はお金稼ぐしかないと思う。とにかく、中卒でも大卒でもなんもいいけど、とにかく経済力つける。お金ないと、日本の女子には相手にされないもんね。

 

だから、男子は徹底的にお金を稼ぐしかないですよ。女子最強の時代ですよ。男より金持ってるのに、男に奢らせられる、それで、男尊女卑を叫ぶ、と。

 

とほほほーーーーん、である。。。。■