The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

専業主婦を目指す女子は看護師になれば良い理由

世の中、競争、競争っていう感じだけど、実際問題、お金持ちだろうが貧乏人だろうが、最終的には、病気になって死んでいく。

 

そりゃお金持ちなら、叙々苑で高級焼肉食べれたり、銀座の久兵衛で高級寿司を食べられたりして良いけど、それが、吉野家の牛丼とかサイゼリアの比べて悲惨か? って言えばそうでも無い。

 

つまり、お金っていうのは、全然無いのはダメだけど、ボチボチあれば十分なんだよね。誰もが東大でて一流企業に入る必要なんかない。

 

近年は女子がキラキラ輝いて働ける社会なんて政府は言ってらっしゃるけど、仕事なんて120パーセント、クソですよ。満員電車に揺られてクソみたいな客と上司に頭下げて、これが楽しいって頭おかしいですわ。

 

だから、昭和時代みたいに、適当に稼いでる旦那みつけて専業主婦になりたいっていう女子がいても、ぜんぜんよろしいと思うんだよね。勉強も大変だもんね。

 

だけど、今の時代って、リストラやら離婚も日常茶飯事な時代じゃんね。例えば旦那氏がリストラにあったら、嫁氏が仕事しないとダメになるよね。そういう時、なにか資格がないとろくな仕事に就けないんだよね。

 

だから、看護師の免許を若い時にとっておくのが専業主婦目指す系女子は良いと思う。

 

看護師免許があれば、離婚してもオッケーだし、結婚生活が続くなら主婦やってればいいし、将棋でいう両取りみたいな感じができて攻守最強だと思うんだよね。

 

看護師免許って、専門学校でとれるから別に勉強がんばらなくても、なんとかなるからさ。

 

高校出て、看護の専門入って、看護師しながら婚活すると。看護師は給料良いから、お金も貯まるから、貯まったら韓国でも台湾でも旅行して、飯でも食べてこればいいんんだよ。韓国旅行なんて5万あれば十分楽しめるしね。

 

頑張るだけが人生じゃ、ありませんよね。どうせ私ら老いて死んでいくんだし。■

 

【おすすめ商品】