The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本企業の男尊女卑の正体

日本企業は男尊女卑である、と言われる。女子は出世できない、とか、給料が低く抑えらえている、とか。

 

そして、実際、その通りなのだけど、日本企業で、そういう男尊女卑という現象が、なぜ起きるのか? を今回は考えたい。

 

それは、日本企業が終身雇用制度だから、なんだよね。日本企業は新卒一括採用、年功序列という制度で動いている。だから、一回、辞めてしまうと中途採用がないので、一気に貧困層に落ちる、という傾向がある。

 

女性は、妊娠出産で、会社を辞めることが多い。そうなると、再就職が無いから貧困層になるし、給料も上がらない。仮に就職できても、また初任給からになるからね。

 

だけど、実は、これは男女関係なくて、男性も、会社を辞めてしまうと中途採用って無いから、一気に貧困層に落ちる。事実、リストラやパワハラで新卒で入社した会社を辞めた男性は一気に貧困になっている。特に男性は結婚という逃げ道から事態は深刻になりがちで、自殺に繋がることもある。

 

ようは、日本企業の男尊女卑の正体は、終身雇用制度なんだよね。終身雇用制度は一度会社を辞めると再就職がなく貧困層になるシステムで、妊娠出産で会社を辞めるケースの多い女子が貧困になりがちになる、それを統計的なデータにすると、貧困の女性が多くなるので、日本は男尊女卑だ、という結果で導き出される。

 

逆に言えば、結婚しない、子供を持たない、と決めているなら、日本企業でも女子は男子と同じ水準で仕事ができる、ということになる。

 

だから、子供いらない、結婚はしない、という女性は日本企業が向いてると思うんだよね。

 

それか、結婚して30ぐらいで寿退職して専業主婦を狙う女子にもまた日本企業は向いてる。そもそも、日本企業の女子社員って男性社員のお嫁さん候補という側面が大きいからね。その思惑にのっかる気なら、問題ない。

 

まとめると、日本企業が男尊女卑の原因は終身雇用にある。だから、日本企業に行って仕事を続けたいなら女子は子供や結婚を諦めるか、さっさと結婚して専業主婦になるか、の二択なんだよね。

 

どっちも、選択肢として嫌だという女子は、看護師とか薬剤師、IT系のプログラマとか、そういう資格職か専門職に進む、ということなんだと思う。

 

男子の場合は、一つの会社にずっといることが苦手な人とか、上司からのパワハラに耐えるのが苦手な人、けっこう自殺する人多いから、そういう人は日本企業はパスした方がいい。

 

まあ、よく考えて、どういう道を選ぶかは、自分次第だよね。■