The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

地方の貧乏な家の子供が目指すべき仕事@女子編

f:id:aki_pwd7:20200821101136j:plain

 

日本は女子の貧困率が高い国と言われている。ようは、貧しい女性が多い国なんだよね、原因は何かっていったら、日本企業って、単純に男尊女卑が強いから。

 

それで、この傾向は向こう100年は変わらないと思うんだよね。だから、はじめから日本企業に就職するという判断を女性は捨てる。それが大事だと思う。

 

ゆえに女性は受験勉強を頑張って有名大学行く必要はない。有名大学に進学する理由は日本の有名企業に就職しやすいということだから。

 

そこで、どうするか?

 

日本女性はスキルをつける。これが女性の生き残る方法。

 

具体的に言うと、看護師、薬剤師、医師、介護士理学療法士、この辺の医療系職がまず第一候補。給料も良いしね。特に看護師が良いと思う。

 

次に公務員。給料も良いしクビもない。

 

それから情報系の大学か専門学校に進学してプログラマ。IT系は転職が効くから良い。あとは美容師とか、教員もいいよね、小中高等学校の教員。教員は給料もいいし。

 

 

結局、女子の場合は結婚や出産があるから会社員はやめとくべきなんだよね。日本は新卒社会だから、一度辞めると再就職がなくて、やり直しがきないから。

 

あと、夢みたいな話だけれど、政治家を目指すのも良いと思う。日本の政治家って、給料もいいし地方だと、今、政治家の成り手がいないから、恥を捨てて立候補できる度胸があれば、案外、行けると思うんだよね。

 

なんにせよスキルをつけるのが女性は大事だと思います。■