The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

令和女子の目指すべき仕事

アラサー女子の貯金が、ぜんぜん無い、というニュースを読んだ。

 

news.careerconnection.jp

 

基本的に、女子が大学いって日本企業に就職しても、食えないんだよね。月給10万とか、そういう世界。

 

もちろん、現役で東大とかいって、名の知れた会社に行けば稼げるけど、もう、それは例外中の例外。

 

だから、なんとなく大学いくと女子は餓死コースなんですよ。日本企業は、終身雇用、年功序列っていう世界的に見て特殊な制度だから、女子だと食えない、んだって。

 

お金なくて風俗落ちですよ。ガチで。

 

終身雇用って男子が妻子を養うためのシステム。だから女子は稼げないようにできているんですよ。昔は、それでうまくいってたんだよね。女子は主婦になる社会だったから。寿退職ってあってさ。今はないじゃんね。

 

そういうわけで、女子は日本企業に行ってはいけない

 

だから、大学の文学部とか行っては絶対ダメ。死ぬから。死んでしまうから。

 

じゃあ、どうするか? 手に職をつけるのです。その一手。

 

看護師、薬剤師、医師、情報系の学部にいってプログラマ、公務員試験受けて公務員、美容師、理学療法士とか、教育学部から教員、なんでもいい、手に職がついて、稼げる仕事に行く。

 

でも、介護士とか保育園の先生はダメ。食えない。搾取されて死ぬだけです。いくら稼げるかを知っとかないダメ。

 

他にはね、法学部いって、弁護士とか行政書士司法書士、社労士とって、それ系の事務所入るとか。経済学部いって会計士の資格とるとか、とれなくても簿記の資格とって企業の経理めざすとか。

 

くどいけど、日本企業じゃ女子は基本、食えない。新卒一括採用で、リクルートスーツ着てやってるけど、あんなん死にに行くようなもんですよ。

 

日本企業の女子なんて、若いからセクハラ要員っすわ。ぶっちゃけ。

 

 、、、、、でも、これは私の意見だからね。よくよく、自分の周りの大人と相談して決めるといいと思う。

 

日本って、労働環境が、異常だから、それに合わせて、戦わないと死んでしまう。そう思います。■