The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

大学の新卒でマスコミに就職しない方が良いと思われ。。。。

日本って新卒主義社会で、まあ、変わってきたとはいえ、新卒で入社した企業に生涯所属する。終身雇用、年う功序列というアレだ。

 

だけど、この制度の特徴として、転職ができないというのがある。中途採用がほぼ無いのだ。

 

だから、新卒で入る企業で人生決まっちゃうんだよね。それで、そんな新卒主義社会の日本で人気ナンバー1の就職先が、たぶん、マスコミだと思うんだよね。華々しいし、楽しそうだし、女子アナは可愛いし、給料良さげだし、みたいな。

 

だけど、冷静に考えて、マスコミって「TV、ラジオ、新聞、出版、広告」この辺だよね。

 

まずTVね。これ、もうダメでしょ。ネットが台頭してるから、五年もしたらテレビ局なくなると思う。そんなバカな? って言われるかもだけど、NetflixとかHulu、あとYouTubeみちゃうと、もう時間の問題だよ。お年寄りが亡くなっていくのに比例してTVが死んでいくと思う。よってTVに未来ない。

 

ラジオも同じだよね。ポッドキャストでいいじゃん、みたいな。

 

新聞。これも新聞、買わないで、みんなスマホとかPCでニュース見ちゃう。グーグルニュースとかYahoo!ニュース。これもダメじゃんね。

 

出版、雑誌もう買わないよね。ネット見るでしょ。漫画や小説もインターネットで見れちゃうしさ。

 

最後、広告。大手広告会社の収入源って、TVのCM広告だと思うんだけど、その屋台骨のTVが終わるわけじゃんね、そしたら広告会社も経営が終わるわな。そりゃ。

 

、、、、という感じなんですわさ。

でも、情報そのものは社会に必要不可欠だから、ネットベースの新しい情報産業が誕生するのかな、、、という気がする。

 

だから、今、マスメディアに行くのは、厳しいと思う。いきなり路頭に迷うみたいな。

いくなら基本的にITが正解じゃないかな。やっぱ。

 

どうであろうか?■