The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

しみ、そばかす、しわ、はげ、も良いではないか。。。。

BBCの「そばかすは美しい?」というニュースが興味深かった。

headlines.yahoo.co.jp

ザラの広告のアジア系の女性モデルの顔に、そばかす、があることが、アジア人差別って感じで中国人が怒っているらしい。

 

つまり、そばかす=醜い、ってことなんだと思うんだよね。我々、アジア人の美の基準点って、賛否はあるけど、フランス人形みたいな均整のとれた無機質さが綺麗という価値観があると思う。

 

それは、それで、理解できるのだけど、美には、いろいろな美があると思うんだよね。

例えば、手でも美しいモデルの手や指が美しいって価値観もあるけど、同時に、メカニックとか職人のボロボロの使い込んだ手や指が美しいっていう価値観もあるわけだ。

 

アップル製品で、亡くなったスティーブ・ジョブズが、iPhoneの経年劣化が美しいって言ってたじゃんね。傷や汚れ、それは悪くないっていう意味。いや、それがカッコいいみちたいな。

 

それを人間に移し替えて考えてみると、我々は老化を恐れるけれど、しみ、そばかす、しわ、薄毛、、、、そういう人体の劣化も、美しいとも言えると思うんだよね。

 

京都のお寺で借景ってあるじゃんね。周りの景色をデザインに取り込む建築手法。ああいう感じで、人間の老化もとりいれて歳を重ねられたら、良いのかもって思った。

 

美魔女だ、フェイスリフトのように老化に対抗するのではなく、むしろ受け入れ、取り入れ、ともに生きる。そういう生き方のほうが自然ではなかろうか。。。

 

どうであろう。。。■