The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

大学の偏差値は、気にしなくて良いぞい。。。

今って世間は大学入試のシーズンだよね。やれ早稲田だ、慶応だ、Fラン大学は、やだやだ、みたいな、偏差値至上主義みたいなのが日本にはある。

 

これって、多分、その原因は日本の新卒一括採用にある。日本って新卒で入った会社に生涯いる。終身雇用、年功序列だから、中途採用がない。そうなってくると、新卒の場合、大学名ぐらいしか違いがない。だから、例えば、Fランク大学より早稲田や慶応が有名企業、例えば電通とか、講談社とか、誰でも知っているような会社に入るには有名大卒の肩書きがいるってなってくる。

 

だけれども、「ドイツ語教員が教えながら学ぶ日々」の記事、「滑り止めの大学に入ってしまったらどうするか」という記事を読んで考えさせられた。

 

schlossbaerental.hatenablog.com

 

何が書いてあるかっていうと、実は日本の大学って、例えば東大でも、Fランク大学でも、授業のレベルは同じなんだよねってこと。教員のレベルも変わらない。つまり、例えば、東大法学部も、日大法学部も、同じ内容、同じレベルなんだよね授業は。

 

じゃあ、何が違うかって、入学時の生徒の偏差値だけなんだよね。日本は、先に述べたように、新卒一括採用があるから、有名大が良いよってだけの話。欧米なんか大学名は、どうでもいいからね。実際。それは実力主義だから、有名大でてもアホなら、そこでアウトってなるし、Fラン大でも仕事ができればオーケーっていう感じ。つまり実力主義

 

まあ、ここは日本じゃん、っていうけど、日本にも実力主義の分野もあるじゃんね。例えば医者とか看護師とか薬剤師、、、こういう仕事なら東大だろうが日大だろうが差別ないじゃんね。

 

弁護士とか公認会計士もそう。資格取っちゃえば学校名はどうでもよくなる。

 

あとプログラマとかもそう。プログラムがしっかりできれば良い。

それから公務員試験もそう。偏差値関係ない。官僚は東大卒しかとらないけど。そこは特殊だよね。

 

あとは、それほど有名企業行こうってしないなら、どんな大学でもいけるよね。特に今は少子化で売り手市場だしね。

 

なんにせよ、分野によっては日本でも偏差値はどうでもいいわけじゃんね。偏差値の高い大学行けませんでした。だから、もう人生ダメ、、、、じゃなくて、偏差値が無効化されるような分野や仕事目指せば良いんだよ。

 

切り替えですよ。切り替え。

 

だから、有名大に行けなかったなら、行けなかったで、行けた大学で勉強頑張れば良いと思う。何度もいうけど、授業のレベルは東大もFランも変わらないのだから。

 

ほいじゃ。■