The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

センター試験を年に7回すべき理由。。。。

今日、大学入試センター試験があったみたい。受験生の皆様、ご苦労様ですわ。まあ、でも、別に今の時代、大学行くだけが人生じゃないし、大学のランクというより、何を学んだか? が大事になってくる時代だと思うから、結果はどうあれ、やれるだけやれば、それで良いと思います。

 

私大なら少子化の昨今であるし、どっか受かるよ。まあ、そんなこんなの大学入試センター試験であるけれど、年に1回っていうのは良くないと思うんだよね。体調悪い時もあると思うし、プレッシャーも無駄にかかる。学生の学力をチェックするのが主題なんだし別に年に数回、試験行えばいいと思うんだよね。

 

アメリカの大学入試にもセンター試験みたいな感じのSATという試験があるようなんだけど、調べたら年に7回あるみたいなんだよね。

 

www.toyo-online.com

 

それで、その試験の結果をアメリカの場合、大学側に送って、高校の内申点とかと照らし合わせて合否が決まるって感じらしいんだけど、日本もそういう形式で良いと思うんだよね。

 

セコセコ、無駄に難しい大学入試する意味ないじゃんね。だって、欧米とかって日本みたいに大学入試してないのに、日本人より優秀なわけじゃんね。科学や政治の結果みても。

 

つまり、大学入試みたいな勉強方法は無駄なんだよね。だから、無駄なことを日本全国民で、やってても意味ないよね、疲れるだけで。

 

もう、いいかげん、無駄な制度やめましょうよ。

労力の壮大な無駄ですよ。■