The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

塾に行かない勉強方法。。。。

最近のヤングは塾に行くという。中学生とか高校生、早い人だと小学生でいったりするのかね。

 

でも、塾って意味ないと私は思うんだよね。別に塾に行かないでも、東大とか京大だって、十分、目指せると思う。一応、わたしも、そこそこ有名大学、合格してるからね。

 

だけど、別に塾に行くのがダメっていうわけじゃない。お金に余裕があるなら、行くなら行くで、良いと思いますよ。遊んでるわけじゃなかろうし。でも、あんま意味ない。学校の授業を一生懸命こなすことが大事だよ。小学校、中学校は。プラスアルファで、一歩抜け出たいなら、図書館いって、本を借りて読むことが大事。

 

なんでもいい。最初は漫画やライトノベルでもいいけど、できれば、森鴎外とか、シェークスピアとか、国内外の有名どころ。この辺、よむと一気に国語力がつく。だいぶ、楽になるよ。読むことが大事。受験で勝つには。

 

で、さらに、差をつけていくなら、今なんかAmazonで、良い参考書が簡単に買えるわけじゃんね。英語でも理科でも、数学でも。

 

 

 数研出版のチャートとか、超有名じゃんね。こういうの使って家で自分で、どんどん勉強進めていけばいい。わかんない、とこが出てきたら学校の先生に聞きにいけばいい。

 

高校でも基本同じだよね。小中学校と異なるのは、大学目指すなら、参考書で自習はした方が、多分良い。授業オンリーだときついね。

 

だから大学目指す系なら、数学でも物理でも、自分で参考書かって自分で勉強する。例えば早稲田の経済学部うけるなら、英数国の三教科でしょ。

 

1年生で、英数国の参考書かって、完成させちゃえば、あとは試験受けるだけじゃん。

公立の学校なんか授業ペース遅いから、自分でやっていかないと間に合わないでしょ。試験範囲。

 

数学ならチャートとか英語ならフォレストとか、有名じゃん。

 

改訂版チャート式基礎からの数学1+A

改訂版チャート式基礎からの数学1+A

 

 

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 

 まあ、なんでも良いのだけど自分にあった参考書みつけて、解いて、あとは過去問やって、本番受けるだけ。

 

国立なら、5教科でしょ。英数国理社。それに合わせて勉強する。

 

良い参考書については、参考書を選ぶ方法みたいな本もあるし、今だと、YouTubeで、有名大学の学生が、どういう勉強したか、どういう参考書を使ったか、解説してる動画あげてるよね。そういうの見ればいい。

 

youtu.be

ゆきりぬサンとか高学歴だし面白い動画作ってる、良いじゃんね。

 

youtu.be

東大生が出してる数学の解説動画とかも凄くいい。本当にいい。

こんなん無料で普通見れないからね。使った方がいい。

 

あと、数学とか物理とか理系は、例題を解いてパターンを暗記する。社会とか文系科目は、暗記だから、とにかく参考書を読み込む。これが大事じゃんね。できれば、勉強方法を現役の大学生に聞けると良いんだけどね。まあ、いないなら学校の先生に相談でもいいけど。。。

 

まあ、そうすれば、東大は難しいにしても、その辺の大学なら、まあ受かるよ。

 

ということで、塾に行けないから学力がつかないっていうことは無いです。

とにかく、まずは学校の勉強を一生懸命うける、する。その上で参考書で自習する。わからない所は学校で先生に質問しにいく。

 

これで、いけます。がんばれ。学生!!!!!!■