The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

東京通信大学のススメ。。。

最近、ネットを使った通信制の学校が気になって仕方ない。ネットの出現で、いろいろな変化が世の中に起きたけれど、例えばニュースをGoogleニュースで見るようになったとか、映画をNetflixで見るようになったとか。地味だけど、大きな変化が起きたと思うんだよね。

 

で、次に来るネットによる変化が学校なんだと思う。インターネットを使えば、小学校から大学まで、全部、ネットスクールに代替可能だと思うんだよね。極論だけど、校舎もいらないし通学もいらない家の中でPCさえあればできる。もっというと、英語ができればハーバート大学とかオックスフォード大学とか世界の名門大学の授業だって、どこにいても受けられる。

 

まあ、そんなこんなで、ネットの通信大学を調べていたら、「東京通信大学」というネットの大学を見つけた。

 

www.internet.ac.jp

 

なぜ、この大学に注目したかというと、いくつか理由がある。

 

1点目、学費が安い。4年間で60万くらいでいけるらしい。大学としてはかなり安い。

 

2点目、入りやすい。特に入学試験もないようだし。学ぶ意思さえあれば、学べる。

 

3点目、情報学部がある。プログラマとかなる系の学部なんだけど、法学部とか経済学部とかだと、多分、日本企業は、あまり大卒として認めないと思うんだよね。就職の時に。頭固いから。え? ネットの通信で学んだの、なんか怪しい、みたいな。

 

でもIT系は実力主義だよね。だから実際にコードが打てるとか、情報の知識があれば、ネットの大学でもIT企業は評価してくれて就職に直結すると思うんだよね。

 

今はITの時代だから、IT方面にいけば就職に困らないと思うんだよね。むしろ法学部とか経済学部とかに、なんとなく行く方が危うい気がする。

 

それで、実際的なITの知識があれば、就職もできるし、ちゃんとプログラムの知識があれば性別関係なく就職できる。だから女性にもお勧めできる。文学部いっても意味ないじゃんね。今の時代。もちろん東大とか早稲田とか、突き抜けたレベルの大学いければ意味あるけど、その辺の大学の文学部いっても、行かないよりマシかなって話じゃんね。しかも高い学費払って。

 

ちゃんとスキルを身につければ、例えば九州とか北海道の地方の方でも、東京出て行って仕事にありつけるじゃんね。なーんも資格なしに都会いっても、仕事なんか貰えないからさ。実際。漫画喫茶で暮らす貧乏暮らしになってまうじゃんね。

 

田舎から出て行くなら、武器を身につけていかないと、都会に食い殺されてしまう。別にITじゃなくても、看護師の資格とか、薬剤師の資格とかでもいいけど。ただ、漠然と行ってもね、って話じゃん。世の中、そんな甘くない。

 

そうなってくるとITの知識がついて、60万くらいで行けて、ってコスパ的に良いと思うんだよね。ネットスクールだから空き時間ができるので、アルバイトもいろいろやれば良いと思うんだよね。つまり貧乏でもいけるってことじゃんね。60万ぐらいバイトすれば払えるよ。4年で60だからね。1年で20万稼げばいいから、一ヶ月で二万じゃんね。楽勝でしょ。

 

男性だって、プログラマとか、今需要あるし良いと思う。今の時代、リストラも普通だし、会社を変わっても食べていける専門性があると良いという部分もある。

 

まあ、でも、お金があって学力があれば、昼間の普通の大学の方がアドバンテージがあるとは思うけど、お金がなかったり、学力が足りなかったり、いろりろ置かれた状況を考えれば、ぜんぜん有りだと思う。

 

結局、人生なんか自分の持ってるカードで戦うしかないからね。手札が豚でも、ゲームは進んでいく。

 

あと、若い人だけじゃなくて、高卒で大卒の資格欲しい人とかITの勉強したい人は、やってみると、良いと思う。学びたい意思のある人間に、学ぶ場所があるっていうのが、本来の大学だと思うからね、、、と、まあ私なんかは思いますが、どうであろうか?■