The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

死と、樹木希林と、勝谷雅彦。。。。

ジャーナリストの勝谷誠彦さんが亡くなったというニュースを読んだ。

 

news.nifty.com

 

享年57歳、死因は肝炎、つまりお酒の飲み過ぎという事。ふ、、、、、無頼だ。

死ぬのには若い、酒は怖いっていうけど、こういう死に方も悪くないなって思った。

人間長生きしたところで、ろくなことがない。60前後で亡くなるのが、総合的に考えれば幸せかもな、と思うのだ。

 

 朝日新聞の記事に、樹木希林さんの死生観についての記事があって、その記事が良かった。有料記事だから、見出しぐらいしか、見れないかもだけど一応リンクを紹介させてもらいますね。

 

www.asahi.com

 

記事によると、樹木希林さんは江戸時代の僧の良寛に興味があったらしく、いくつか樹木さんの気に入った良寛の句が紹介されている。その中の一つで、印象に残ったのが下の句。

 

散る桜

残る桜も

散る桜

 

ふーーーむ、である。。。日本の句って、アップル製品なみに無駄をそぎ落とすから、何言ってるか、いまいち分からないんだよね。。。。

 

 まあ、でも、人は誰しも、いずれ老いて、死ぬってことだろうね。ようは。

 

 はかないもんだよな。人生。

 

人生は、たぶん、終わってみれば、一瞬のうたかたのようなものなんだろう。。。。■