The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

流行するネットサービスの共通点。。。。

流行するネットサービスの共通を、発見してしまった。。。

 

Uberとか、Airbnbとか、YouTubeとか、ブログとか、メルカリとか

なんでもいいけど、基本的に、「お金になるサービス」が流行る。

 

Uberの配車サービスなら、配車する個人にお金が入るし、

Airbnbも家を貸す人にお金が入る、

YouTubeやブログだって、アフィリエットで収入になる、

メルカリも、ネット上のフリーマーケットと考えれば、お金が儲かる。

kickstarterみたいなクラウドファンディングもお金になるし。

 

でもゾゾタウンとか、facebookとか、は、お金儲け関係ないけど。

 

でも、個人が、そのネットサービスを使って、お金を稼げる、というのが、人気サービスになるポイントの一つではあると思う。

 

やはり、お金を稼げる、というのは、本気でやるモチベーションになる。例えばYouTubeでヒカキンさんが何億円も稼いでいるって言われたら、宝くじ買うつもりで、やってみる人間が出てくるじゃんね、やっぱ。

 

これから、流行するインターネット・サービスを作りたいと思ったら、「個人がお金を稼げる仕組みを組み込む」という事になってくると思う。

 

どうであろうか?■