The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

小説「億男」の感想。。。

川村元気さんの、小説「億男」を読んだ。なんか、映画化もされるらしい。

億男 (文春文庫)

億男 (文春文庫)

 


「億男」予告編

 

内容的には、単純で、主人公の男性、、、親友の保証人になって多額の借金があって、妻子が出ていってしまった、、、、が宝くじを買たっら、なんと3億当たってしまった。

 

それで、その大金を前にして不安になり、大学時代の親友、、、IT企業の社長の大金持ち、、、、に相談にいくのだけれど、その親友が、なんと主人公の3億を持ち逃げしてしまう、、、、おいおいなんてこった、、、、主人公は親友を追いかけるのであった、、、、。。。。

 

もし、宝くじがあたったらどうする? みたいな妄想は誰もが、するもんだよね。それを、小説の中で、現実にしてみました、、、って感じ。

 

面白いので、おすすめ。

 

ねえ、、もし、あんただったら、3億あたったら何に使う? 

 

わたしだったら、若い時代の肉体を取り戻したいな、、、、って金じゃ買えないか。。。。だいたい、ほんとうに大事なものって、お金じゃ買えないんだよな。

 

恋人とか家族とか、、、、。ふ、、、。世の中、世知辛いもんだぜ。

 

お金でなんでも買えるように思えるのに、なんにも買えやしないんだ。。。。■