The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

禁煙という名の敗北。。。。

一日タバコ2箱を吸うヘビースモーカーな私であるが、最近、禁煙を開始して、早いもので、仰げば尊し、我が師の恩、一週間がたちました。

 

時々、タバコを吸いたいという衝動が脳内に響くのだけど、そういう時は、頭の中で30まで数字を数えると良いと禁煙関係のネット記事で読んだので、それでなんとか乗り切っている。

 

なんで辞めたか?

 

なんかねタバコを吸うと、頭がフラフラして真っ直ぐ立ってらんない感じになった。

 

こうなっちゃうと、もうね、やめようか、みたいな感じになったのだ。

 

立ってらんないんだもん。辞めるしかないわ。

 

実際、やめたら、確かに体調良くなった、所詮、タバコなんか毒だからね。そら体調も良くなりますわ。

 

でも、タバコって私の人生における浪漫だったんだよね。

 

昔は、スターの人とか、映画とかドラマで吸うんだよ。タバコを。それがカッコ良いんだよね。また。

 

ちょっと悪い感じで退廃的な美みたいな。

 

タバコの、あのアンニュイな感じが好きだったんだよ。。。

 

まあ、でも、もう私はタバコを、それでも引退します。

 

本当、死ぬほどフラフラしちゃう。身体がタバコの毒についてかない。

 

まあ、仕方ありませんね。

 

喫煙者の皆さん、健康が続く限り、頑張って下さい。

 

陰ながら応援します。

 

はっきり言って、世の中のタバコ・バッシングはオカシイよ。

 

タバコがなんか悪いことしたの? って思っちゃう。

 

 

まあ、なんにせよ、私は、負けました。。。。とほほほ。。 ⬛️