The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

若い人に勧めたい職業。。。

この社会には多種多様な仕事がある。あるのだけど、その上で日本社会だと、まあ、良い大学いって良い会社に入る、あるいは公務員になるのが勝ち組って価値観がある。


ある意味、これは正解ではあるんだけど、ホントにそうか? と思うのだ。


例えば、会社員って日本の場合、辞めたら、基本的に再就職無い。潰しが、あまりに効かないじゃんね。


日本企業ってパワハラとかセクハラ、とか理不尽なイジメが横行している。


そういう酷い目にあっても、会社員や公務員だと、再就職の事を考えると辞めるに辞めれない。


じゃあ、どうすれば良いのか?


だから、早い段階で専門職目指すのが一番良いんじゃないのか? って思う。専門職なら、なにかクリティカルなピンチに遭遇したら会社を辞めれるからさ。


代表的なんは理系だと医者とか看護師とか薬剤師、文系なら税理士とか

弁護士とか司法書士あたりだろうか。


今ならプログラマとかも転職しやすい仕事の一つかもしれない。


今需要ありそうな、webデザイナーとかなら専門学校でればなれる可能性もあるし。


マニアックなとこだと弁理士とかもあるよね。特許や意匠権を登録する法律系の仕事なんだけど、こういう仕事もある。ただ弁理士は、理工系の大学出てないと仕事がほぼ無い世界なので、そこは要注意。


給料に不安はあるけど、介護士とかも結構良いと思う。専門職だしね。


他なんかあるかね。調理師とか、美容師なんかも好きなら良いよね。


調理師とかで飲食系好きなら、自分で店出しちゃうとかも良いよね。人に使われないって素晴らしいよ。


ハードル高いけど農家とか漁師とか、一次産業も良いと思う。


とにかく進路、決める時に、今の若者なら手に職系選んだ方が、あとあと楽なんじゃないか? という気がする。


手に職系目指すなら、別に名の通った難関大学行く必要ないしさ。無名でも、資格に直結する大学行けば良いわけじゃんね。


何が正しいか? そんなん分からないけど、こういう考えもあるってことです。


どうであろうか?⬛️