The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

転職は悪ですか?

f:id:aki_pwd7:20180906205858j:plain

今朝の読売新聞に掲載されていた「就活ルール 財界賛否」という記事が興味深かった。


その記事によると、概ね、就活ルール廃止に好意的なのは、大企業中心の経団連経済同友会、否定的なのは中小企業中心の日本商工会議所、および安倍首相、という。


ここで、私が注目したいのは、中小企業主体の商工会議所が就活ルールの廃止に否定的である、という部分。


理由は、「廃止すると中小企業が人を採用しにくくなる」という事のようだ。


だけど、これは逆で、就活ルールを廃止した方が中小零細には、人材採用にはプラスに働くと思う。


新卒一括採用、終身雇用という枠組みがあるからこそ、学生は大企業に殺到するわけで、そこを変える方向になれば、人材は中小零細に流れていく。


つまり、就活ルールを廃した方が中小零細にはプラスに働く、もちろん大企業にもプラスになるはずで、誰も損はしない話だと思う。


記事中で麻生財務相が、「(中西氏は現在のルールが)現実としてなかなか現場に合わなくなってきている話をしているのはないか。一考に値する」とおっしゃっていたと書いてあったけど、まさに、これなんだと思う。


現実と今の制度に間に矛盾が生じている。


根本的な問題として、日本の労働市場全体に、「転職は悪だ」という意思があって、そこが、そもそも時代に、めっちゃ合わないって感じなんだと感じる。


どうしても合わない仕事なら、どうしても合わない会社なら、転職する、という選択も普通って感じにしていかないと、実際、そういう感じになってきているし、根本的な基準、、、つまり、生涯一社にいる、という前提を疑えないと、まあ、始まらない、と思う。


経団連という日本の財界の、すごい人が、雇用方針を変えていったほうが良いのでは? と語った事は、ホント素晴らしいって感じる。


時代に合ってないシステムを継続すてると、みんなで沈没しちゃうって思うから。


どうであろうか?⬛️