The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

価値観の多様化は、止められない。。。

最近の医大入試の男女差別問題の根底にあるのは何か? と思った。

 

日本の昭和的価値体系を見ると、「男は稼いで家計をみる、女は子供を産んで家事育児をして家を守る」という完全、役割分担社会というもの。

 

その昭和的意識を社会が、今も共通意識として、どこかで共有しているんだと思うんだよね。

 

男は稼いでナンボ、女は子供を産んでナンボ、みたいな。

 

その前提があるから、仕事に出ようとする女性に差別が起こる。

逆に言えば仕事ができない男性は、非正規とかだと、結構、叩かれるわけじゃんね。

 

自民党の某政治家が言っていた、「女は産む機械」っていうのも、この価値観の表出だよね。この発言は裏を返せば、「男は稼ぐ機械」ということになる。男女はコインの裏と表のような関係性なんだろう、って思う。

 

だけど、若年層に行けば行くほど、昭和的価値観は、無くなってきている。女性でも医者や弁護士になって稼ぎたい人も多くいるし、男でも、家事育児したいってタイプも多くいる。

 

そうなってくると、価値観の衝突が起きる。

 

今だって、従来的な価値観の人もいるし、そうじゃない人もいる。そもそも、価値観が多様化していて、昭和的な価値観で、全体を制御できなくなっているんだと思うんだよね。

 

価値観が多様化しているなら、それに合わせて、社会全体が、多様な価値観を包摂できるシステムを形成していかない、とダメなんだろと思う。

 

今は、やはり価値観移動の過渡期なんだと思う。

 

いやでも、価値観は時代時代によって、常に変動しているわけで、その変動期で、

もう、なんのこっちゃい、という感じだと思う。

 

ただ言えるのは、価値観が多様化、していて、それを包摂していかないと、社会は回ってこないってことなんだと思う。

 

この価値の多様性のベクトルは、もう戻せない、と思うのだ。

 

 

引き返せないなら、いやでも進むしかないのだ。

人生と同じだよね。

 

 

もう、やるしかない。■