The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

北野武と、正義と悪と。。。

子供の頃、北野武さんのファンでラジオとか本とか、よく読んでいた。


いろいろ印象に残ってる話があるんだけど、その中で二つ印象に残ってる話がある。うろ覚えだけど。


一つ目は、漫談なんだけど、外で悪業の限りを尽くすヤクザがいるんだけど、そのヤクザが家に帰ると家族に優しい父親って話。


この漫談聞いたあと、子供心に、世の中、何が正しいのか? 訳わかんなくなった。


二つ目は、田舎の山奥で、怪我した鳥を、ある家族が、拾って家族として飼うんだよね。


やがて怪我も癒え、家族は鳥を山に放つ。感動の別れってわけだ。


それで鳥は山を越え、飛んでいくんだけど、山を越えた所に、お腹を空かせた一家が住んでいて、鳥を捕まえて、食事にする。


その家族は飢えをしのげてハッピーみたいな漫談。


本当、毒々しい話だよ。北野武さんの話は落語っぽくって、どっかに社会に対する皮肉みたいなんがあって、結局、何が正しいか? なんていうのは、視点の置き場所にすぎない、っていうメッセージが強い。


一つの正義があっても、違う場所から見れば悪だ、みたいな感じでさ、その視点の変化を笑いにしている。


もう、そう言われてしまうと、世の中には絶対的な正しさ、悪、というものは無いって事じゃんね。


ようは全てが不正解であり、正解、全てが悪であり、同時に正義なわけじゃん。


だから、世の中、あんま白黒つけすぎると上手く行かないかもしれないって思う。


まあ、こんなもんだよね、ぐらいが、正解なんかもって最近思うのだ。。。。⬛️