The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

【サッカー】日本サッカーに足りないもの。。。

ロシアワールドカップ、日本代表の成績はベスト16という結果で終わった。

ベスト8の扉を開けなかった鍵、その鍵とは何だったのであろうか?

 

その鍵とは、フィジカル(強靭な肉体)、と表現されることが多い。

日本人は、諸外国に比べ、身長が低い、体重も軽い、と、だから、最終的にパワーで押され負ける、、、と。

 

この議論は、今に始まったことじゃない。

昔、アジア予選に勝てなかった時期も同じだった。

曰く、日本人は体格が良くないから、勝てない。

曰く、日本人はサッカーに向いていないから、勝てない。

 

サッカーファンなら、繰り返し、繰り返し、聞かされてきたストーリーラインだ。

 

だけど、日本のサッカーは、体格の弱点を、技術と知性を磨き、カバーして

アジアの壁を突破した。

 

そして、世界に出て勝てなくなると、またフィジカル論が顔を出してくる。

フィジカルで勝てない、ゆえに、フィジカルの強い選手を育成しよう、と。

 

だが、待って欲しい。

日本は、技術と知性(※サッカーに関する戦術的な知性)を磨いて、アジアの壁を突破したきたではないか?

ならば、極限まで技術と知性を磨けば、世界の壁をも突破できるのではなかろうか?

 

強い肉体をもつ外国の選手を、

体格の劣った日本人が、技術と知性で対抗する。

実に美しい構図ではないか。

 

 

時間をかけ、技術と知性を上げて行く、それが世界で日本が戦う方法だと思う。

どうであろうか?■