The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

若者が元気ないのは、上の責任。。。。

近年、若者が元気が無い、という。まあ、日本を俯瞰してみると、全体的に疲れているけれど、ピチピチのヤングが元気ないってのはやっぱ、どうかと思う。

 

新幹線事件の犯人にしたって、20ぐらいじゃんね。やったことは最悪で許されないんだけどさ、それほどに追い込まれてたわけじゃんね。

 

ニュースを見る限り、彼が、狂人という感じは、まるで受けなかったもん。受けた印象としては、真面目な若者が、追い込まれて爆発した、って感じじゃん。

 

上の世代は、彼をそこまで、追い込んでしまう社会みたいなんを作った責任があんじゃんね。他人事みたいに、非難してても、はじまらないよ。あの真面目な感じの人が爆発すんだから、つまり、今のままじゃ、同じ事が何遍も起きるよ。

 

多分、20代ぐらいのヤングには、上の世代が分からない、悩み、とか、閉塞感があるんだろうと思う。もう、世代も、受けてきた教育も、ITというかスマホとかで即時的に連絡を取り合える環境、が当たり前にあったであろう、ヤング族の価値観とか、もう、分からないんだけどさ。

 

分からないんだけどさ、個人的には、今の若者は、素直で優しい人が、多いなって思うんだよね。

 

でも、そういう若者世代が元気が無いっていうのは、上の世代の責任だと思うんだよね。下とはしては、上に、どうしても従わなくちゃ、いけない部分があるじゃんね。全体的に。

 

そうなってくると、下が元気ないっていうのは、絶対的に、上の責任だと思うんだよね。

 

若者がダメって言うけど、ダメにしてるのは、私も含め上の世代じゃんね。若者が力を発揮できるように、してやるのが上なんじゃねーの、ってとこじゃんね。

 

若者がダメだ論を読むたびに、情けなくなるわ。そうしてるのは、自分も含めて上の世代だろ?! ってとこですよね。。。。

 

中高年は若者に元気が無いなら、若者に土下座ですよ。土下座。これが、あるべき姿だと思いますわ。■