The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

サッカー日本代表は、戦う勇気を。。。

スイス戦、パラグアイ戦、を消化し、あとは本番という状況。

 

普通に考えれば、コロンビアやポーランドセネガルという格上と試合をするわけで、勝つのは厳しい。

 

日本の選手層を考えると、どうしても、サッカー強豪国との間には、大きな差があるよね。やっぱ。

 

あるのだけれど、直近の試合をみて私が感じたのは、日本が弱い、、、、という事じゃなくて、案外やれるっ!!、だ。欧州で活躍する選手が近年、増えていて、その成果がしっかりでてきている。

 

でも、ゲームをすると、なかなか上手く結果が出ない。この原因は、地理的な問題が大きい。普段から、欧州や南米は、周りに強豪国からいるから、レベルの高い試合に慣れている。対して、日本が所属しているアジアは、サッカーのレベルが低い地域だから、レベルの高いゲームに日本は慣れていない。

 

つまり、アジア限定で考えると、日本は突出して強い。ゆえに、比較的、楽なゲームしかできないんだよね。勝って当たり前、みたいな。

 

慣れの差は大きいよね。普段からブラジルやドイツと、試合している地域は、やっぱり最高のレベルを知ってるわけだからね。

 

日本は、ワールド杯に出て、はじめて、強豪国と試合ができるわけで、それは浮足だっちゃうよ。

 

でも、直近の親善試合で、それなりに日本は世界と戦えるって分かったわけだ。世界のどの強豪とゲームをしても、そこそこ渡り合える。

 

サッカーというスポーツは、弱いチームが強いチームに勝つ、という現象が、普通に起きる。

 

だから、日本が、コロンビアやセネガルポーランドに勝つ、という可能性は十分ある。

 

代表選手は、強い国と試合をするわけで、怖いとは思うんだけど、

戦う勇気を見せてくれ、と思う。

 

 

戦かわなければ、

未来なんか

切り開けない。■