The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

アデルの「when we were young(若かりし日々)」の感想。。。

youtubeをダラっと視聴していたら、アデルの「when we were young(若かりし日々)」という曲が心に刺さった。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

この曲は、老いに対する悲しみを歌った曲だ。

自分が老いていき、容姿が衰え、人生の可能性が消失していく、、、、

その悲しさ、を歌っている。

 

わかるわ。わかる。

 

道を歩いていて、若い時に、中高年をみて、ああはなりたくないわ、

高齢者をみて、ああはなりたくいないわ、、、、って思ってた。

 

でも、時が経ち、嫌が応にも老化の波が我が身を襲う。若さを失い、可能性を失い、道を行く若者を見ると、ええな、可能性があって、、、、と嫉妬してしまう。

 

ほんと、年取って良いことなんか、なーーーーんもないよ。ぶっちゃけ。失うばかりだ。

 

だけど、思うのだ。

 

自分にも、確かに、若い時代があったのだ、と。

だから、若者の可能性を羨んでも無意味だと。

萎えそうになりながらも、今を生きる、しか無いって。

 

人生なんか、クソだ。クソにまみれながら生きるだけだ、って思います。。。

 

 

あーーあ、、、

今日も世界は、クソまみれ。。。■