The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

本当の働き方改革とは?。。。

日本の会社の働き方が、ちょっとオカシイ、っていう共通認識ができてきたと思う。

 

例えば、長時間労働であったり、有無を言わせない転勤、あるいは、女性の社員が少ないとかさ、それで、働き方を変えよう、と政府は言ってるんだけど、変える方法を見ていると、首を水平方向に90度曲げたくなる。

 

欧米とかみてると、週に何時間までしか働けないとか、がっちり法律で固めるわけじゃんね。土日は営業してはいけないとか、そういう動きも見れないし、つまり、ほぼ何も変わらない、っていうところなんだろう。

 

これは一体、なにがネックで、こうも変えられないんだろうか。

 

そもそも論になるけど、根本的な日本の労働環境の悪さの原因って、「雇用の流動性がない」という部分に尽きる。

 

欧米圏の企業の労働環境が素晴らしい、ってされてるけど、その理由は、雇用に流動性があるから。つまり、転職がしやすい、っていうことだよね。

 

採用に際して、履歴書に年齢を書いてはダメとか、証明写真はダメとか、とにかく転職のハードルが低い。それで、悪い労働環境であると、社員が、どんどん流出するで結果として、雇用環境が良くなるわけだ。

 

日本の場合、終身雇用っていうのがあるから、雇用の流動性が極端に低い、低いゆえに、労働環境を改善しなくても社員が逃げ出さないから、その結果、労働環境が悪い、と。

 

理由としてはシンプル。

 

そいで、雇用の流動化のキモは、解雇規制でしょ。やはり。日本企業は解雇が難しいから、中途採用を雇えない。そういう状況があって。本当に働き改革を推進したいなら、労働法を変えて、解雇規制を無くせばいいだけなんだよね。

 

解雇規制が撤廃され、採用の際の年齢制限がなくなれば、中途採用中心の世の中になるで、共働きの夫婦がおって、子供がきでたら、夫か嫁のどちらかが、子供の面倒をしばらく見ればいいわけじゃんね。こうなれば、保育園とか幼稚園も、あまり必要なくなるわけじゃんね。

 

確かに、一見、欧米みたいに解雇があるっていうと、危険に思える。思えるんだけど、実際問題、解雇ができない日本型の社会の方が、長時間労働やら、女性が働きにくい、とか、転勤を断れないとか、いろんな強い弊害が出ちゃうんだよ。

 

NECが、ちょっと前に、社員を解雇したら、最高裁が違法だから、解雇を無効にするっていう判決をだしたニュースがあったのだけど、最高裁の判事に思うのは、この判決だしちゃうと、日本の会社は、どんどん、労働環境悪くなるし、競争力もなくなる。解雇は悪だ、その思考を、みんなが常識として持ってしまっていて、この常識を制度を変えることができないと、いつまでたっても、働き方が変わらないんだともう。

 

こんな労働の仕方を続けていては、ダメだと思いますわ。本当に。■