The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

官僚セクハラ事件の、二つの問題点。

財務官僚のセクハラ事件について2点思うことがある。

 

1点目、まず、女性記者のTV局の扱いについてだよね。明らかに、女性性を使って、仕事を取ってこい、という意図が業界的にある、ようにみえる。

 

これが、まず問題で、性別関係なく「記者」という視点をTV局は持たないとダメだった。使い古された言葉だけど、その考え方そのものが、時代に適合していない。

 

これは、何もTV局に限らない。日本企業全般にいえる傾向で、こういう考え方を排除していかないとダメだ。ようは性を武器に仕事をとる、という戦略は、アウトだ。今の時代。

 

記者なら取材対象から情報を得るのに、人間的信頼を得る、という方向性で勝負していかんといけないだろう、と感じる。

 

2点目、TV局は、官僚から情報を得る、という立場上、低い立場になる。だから、今回のようなセクハラ事件が起きる。つまり、低い立場のTV局が、官僚にセクハラを是正して欲しい、とは言えない構図になっている。

 

だから、セクハラに関しては、官僚機構サイドの内部に厳しい罰則や検査体制を保持しないといけない。セクハラは、現代社会において、もう許されない、という事実を徹底しないといけないわけだ。

 

これについても、別に官僚機構特有の問題、というより日本社会全体、日本企業全体の問題であろう。セクハラに対する意識が弱いのだ。

 

これを、つきつめて考えていくと、社内や取引先といった仕事の関係性では色恋はアウトということになる。仕事という事象内では、どうしても、序列、という上下関係、利害関係が発生する。フラット、対等性、が担保されていない状況下では、色恋は無理なのだ。

 

つまり、この事件では、官僚組織のセクハラ対策の稚拙さと、TV局の女性の使い方の2点の問題があって、結果、大問題に発展した、ということなんだと思う。

 

どうであろうか?■