The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

警察上司射殺事件について思うこと。。。

警察で、上司を部下が射殺した事件があった。この事件を受けて、書かれた元警察官の記事が興味深い。

 

www.keikubi.com

 

上記の記事の内容によると、警察内部では、ひでーパワハラが横行している、という。

というか、警察や自衛隊って、毎年、自殺者が出てるわけじゃんね? つまり、内部に大きなパワハラが起きる状況が、あるってことじゃんね。

 

今回の射殺事件にしたって、自殺者が多く出るほどの組織なら、十分に起こりうる可能性をもつ話だったわけだ。

 

だから、今回の事件は、単純に、堪え性のない部下が善良な上司を射殺した事件、とは言えないと思うんだよね。

 

もちろん憶測だけど。

 

わたしが思うのは、警察の内部構造を徹底的に見直して、変えていかないと、これからも自殺や射殺事件が続くということ。それに内部にマグマのように滾った怨嗟がある組織が、まともに世の治安を守れるとは思えない。

 

どっかに無理が出るはずなんだよね。これは自衛隊もそうで。

 

だって、警察の黒い噂なんて、よく聞くじゃんね。どっかの官僚の話じゃないけど、パワハラどころかセクハラも酷いって話もあるし。

 

なんにせよ、今の日本の警察はマトモじゃない。

 

仲間を自殺させたり、あるいは反撃されて射殺される、なんつー組織が治安を守れるとは到底思えませんわ。

 

と私は思いますが、どうであろうか?■