The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

少子化対策には、3世代同居ではなく、雇用の流動性。

安倍政権が、懲役刑をうける公文書偽造して、大騒ぎの昨今であるけれど、

まあ、適当に責任の所在をウヤムヤにして逃げ切る作戦だろうね。

 

偉い人は逮捕されない国ですからね、ここは。もう、ほとんど、どっかの独裁国家のレベルだよ。ほんと、やんなっちゃう。

 

で、まあ、その安倍政権ですけど、ちょっと前に、少子化対策には3世代同居だ、って提案をしてて、ようは共働き夫婦は同居して、ご両親に子供の面倒を見てもらえ、という事を言っておった。

 

今時、両親と住みたい夫婦も、そんな、いないわけだし、こんなん上手くいくわけないんですよ。

 

結局、少子化対策するなら、仕事を辞めても再就職できる世の中にするしかない。

 

例えば、ある共働きの夫婦がいて子供ができたら、小さいうちは旦那さんが会社を辞めて、ある程度、子供が大きくなったら会社に復帰とか、そういうことができるようなシステムに労働市場を変えていくしかない。

 

つまり、欧米みたいな年齢制限を廃止して中途採用が普通の世の中に変わっていかないとどうもなんないって。

 

保育園増やすといったって、無意味とはいはないけど、子育ての補助的なことしかできんよ、そんなん。

 

保育園の根本的な意味は、子供がいる夫婦がいて、どっちかが仕事してて、どっちかが子供の面倒をみていて、って状況があって、さらに、その補助的手段として、子供をみる施設って感じだと思うんだよね。

 

夫婦のご両親が子供の面倒をみなきゃってパターンは、離婚して、シングルになった人が使う最終手段だわさ、やっぱ。最後の最後の奥の手。

 

最終奥義を、ふつうに3世代同居作戦で使えといわれても、そうそう上手くいきませんわよ。

 

結局、安倍政権の問題点は、雇用の流動性という改革から逃げてるとこなんだよね。

まあ、公文書偽造も痛いけど。

 

なんにせよ、安倍首相には、少子化は解決できないよ。凝り固まった古いシステムに固執してんだもん。

 

状況に合わせて、柔軟にシステムを変えていかないとダメですわ。

水のように、時代がワイングラスならワイングラスの形に、時代が湯のみなら湯のみの形に、柔軟にシステムを変化させないとどうもならない。

 

頑固に形を変えないなら、器そのものが壊れちゃうんだよ。■