The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

結局、誰が子供を育てるのか?

最近、女性の社会進出や共働きという言葉が常識になってきた感がある。

 

確かに、女性が欧米圏みたいに、普通に働ける社会になったら素晴らしいと思う。思うんだけどさ、日本という国をみると、今の所、「稼ぐのは男性、家事育児は女性」という社会通念があるわけじゃんね。

 

だけど、女性の社会進出が始まって、この構造が変わったわけじゃんね。つまり、「稼ぐのは女性と男性」という構造になった。

 

それで家事程度ならば共働きでも、二人で分担すればなんとかなるけれど、子育て、となると、これは難しい作業になる。

 

事実、共働き家庭で、子供を諦めている夫婦も結構いるし。

 

じゃあ、結局、誰が子育てするんじゃい? という問題が出てくるわけだ。

 

安倍政権は、子育ては、ご両親にしてもらえ! という方針を打ち出してる。3世代同居ってやつ。でも、これは壊滅的に失敗した。ご両親は高齢で育児する体力もないし、親との同居も現代では難しい。

 

つまり、夫婦のご両親が育てる作戦は、ダメなわけだ。

 

じゃあ、どうするかというと、答えは「社会が子供を育てる」しかないわけじゃんね。

社会全体で子供を協力して育てるわけだ。

 

そう考えて行くと、国が子育てをする、って事になっていくわけで、国が親がわり、になるわけだ。そうなら、大きなコストを払ってでも、保育園やら、なんやら子供を育成するシステムを構築していかないと、少子化で国がなくなる、ってことになる。

 

つまり、女性の社会進出というのは、同時に、子供を国が面倒みる、という政策を行わないと成り立たない。

 

特に日本みたいに長時間労働サービス残業ばっか、みたいなブッラク労働国家においては。

 

この辺が、少子化解決の鍵だと思う。自己責任いうても、限界がありますわ。■