The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

レースクイーン廃止に思うこと。

ツイッターを見ていたら、F1のレースクイーンが廃止される、

というのが、話題になっていた。

 

 確かに、冷静に考えたら、F1にしたって、自動車の展示会にしたって、

水着美女の必要性など、無いんだよね。

 

お客には、子供や女性だっているわけでさ、むしろマイナスの感すらある。

だってF1にしたって、自動車の展示会にしたって、今時、女性や子供が普通に足を運ぶイベントなんだから、やっぱ、風俗街じゃないし、そぐわないんだよね。

 

でも個人的にレースクイーンという職業の一番の問題点は、若さを売りにする職業だから、年取ったら仕事がなくなる、って事だと思うんだよね。

 

若い時の積みの重ねがないと、年取った時に、めっちゃ大変になるし、今のご時世、女性だから稼げなくてもOKってわけじゃないじゃんね。

 

だって昔みたいに結婚して専業主婦になれば良いっていうけど、実際、お金を持ってる男性が減ってるわけで、そうそう上手く行くとも思えないわけじゃん?

 

そう考えると、年取って、美貌が失われ、キャリアも無いんじゃ、どうすんのよ? って状態になってしまう。

 

履歴書に、レースクイーンのキャリアがあっても、良い仕事に就けないんだよね。

 

だったら、初めっからレースクイーンという仕事が無い方が世の中のためじゃんって思う。

 

こう書くと女の武器が使える仕事がなくなる、って言うけど、どんな業界を目指したとしても、大体、若い女性なら大目にみてもらえて仕事を覚えやすいんだって。

 

逆にいえばセクハラされちゃう危険があるっていうのも事実だけれど、仕事を覚える段階では、日本はオッサン社会だから若さは有効な武器になるっていうのもまた事実。

 

使える武器は有効利用しないと損じゃんね。

 

だから、若い時にしかできない仕事のレースクイーンに、その武器を使ってしまうのはもったいない上にリスキー。

 

だから、やっぱ、「若い時にしかできない仕事」に就くのは、辞めた方が良いと思うし、しない方が、結局、得なんだと思います。◾️