The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

24時間営業している店は潰れていく理由

最近、コンビニやら喫茶店なんかのチェーン系の店が

人手不足で嘆いているっていうニュースを読んだ。

 

今は、もう少子高齢化社会、つまり人口がフルスロットルで減少していて、

まず若い人がいない。

 

だから、当然、時給を上げないと人を取れない。

時給700円やそこらじゃ、もう人は取れない。

 

で、まともな人を取ろうとすれば、時給1000円くらいにしないと

無理ってなる。

 

頑なに、時給を上げない店もあろうけど、そうなると人が来ないし

来ても簡単に辞められてしまうので、時間の問題で淘汰されていく。

 

で、人件費が跳ね上がる。

 

今度は、そうなってくると24時間営業をしている店舗は、

人件費が厳しいので、採算がとれなくなって潰れちゃう。

 

そもそも夜勤なんか、身体を壊すから、普通の人は敬遠するしさ。

 

だから、セブンイレブンとかファミマ、ガスト、吉野家ドンキホーテ

みたいな、このご時世に、いまだ24時間営業やっている店は

遅かれ早かれ、潰れて行く。

 

時流が読めていない。

 

いまだに、経営層が高度経済長で人口ボーナスがあり、

人が有り余ってる時代と同じ行動様式をしている。

 

だから、これから生き残る店っていうのは、

24時間営業では無くて、時給1000円くらいだしているところ

って事になる。

 

こうなっていくと、もう外資系のイケアとか、になってくると思うのだけれど、

やっぱ外資は分かってるよ。

 

酷い待遇じゃ、人は集められず商売できないって。

 

昭和の人口ボーナスのあった時代のままの経営をしている日本企業のチェーンは

これから、一気に消滅していく。

 

昭和は遠くになりにけり、だ。

 

お疲れ様です。昭和のチェーン飲食店!!!■