The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

令和男子は”手に職”ですっ!

今回は令和男子の仕事について考えたい。今までの時代だと、男子の場合、なるべく良い大学いって、なるべく良い会社入って、人生安泰だぜ、みたいなのが王道だったと思うんだよね。

 

こういう前提の価値観があったから、新卒で良い就職できる早稲田とか東大とか、関西なら同志社とかが人気だったわけじゃん。

 

だけど、近年の日本企業見てるとネックがいくつかある。それをまず精査したい。

 

1 労働環境が厳しい

 

長時間労働とか、パワハラとか、強制転勤で明日から島根にいって、みたいな。とつぜん島根ですかー?!! みたいな。

 

悲惨ですわよね。

 

2 転職が難しい

 

日本って終身雇用がベースにあるから転職がしにくい。だから理不尽な状態でも我慢せざるをえない。特に家族とかいたらそうじゃんね。

 

だから過労死とか起きちゃうじゃんね。

 

3 終身雇用といいつつリストラを中高年の開始してる

 

厳しい労働環境だけど、終身雇用だからいいじゃん、みたいな建前があったんだけど、最近、大企業とかでもリストラしてるからね。

 

年功序列も崩れてきておると。労働環境わるくて、終身雇用もない、悲惨だよね。

 

4 給料が悪い

 

これもあるよね。日本企業って給料少ないけど年功序列で上昇するわけじゃんね。でも、高くなる頃にリストラしてるしね。なんのこっちゃ、だよね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1〜4のようなネックがあると思うんだよね。だったら、はじめから、日本企業に行くコースを拒否る方が、これからは合理的だと思う。

 

どうするかって、手に職をつけるとか、自営業するとか、そっち方面だと思う。

 

頭いい人なら、東大いって官僚になるんじゃなくて、弁護士なるとかね。そんな感じですよ。

 

大学の情報学部いってプログラマなるとか、転職を前提に考えておく。

 

そうしたほうが精神衛生上いいと思う。パワハラなんか日常だから日本企業の。そんなんで辞めれないとか悲惨だもんね。

 

、、、と思います。どうだろうかね。■