The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

令和世代が会社に依存すると死ぬ理由

近年、引きこもり事件が頻発しているけれど、よくみていくと、中高年の男性で就職がうまくいかないことが原因になっていると感じる。

 

じゃあ、なぜ、そうなるか? というと日本って新卒一括採用社会だから新卒で就職に失敗すると、再就職できなくて、そのままズルズルいっちゃう。それで、女子の場合だと新卒就職で失敗したとしても、多くの場合、結婚して主婦になるから、あまり男性に比べて、引きこもりが問題にならない。

 

女性の場合、問題になるのは、結婚したのち上手くいかず離婚になった場合だよね。この場合も、構造的に再就職がないので、貧困に陥る。そして日本の社会福祉は事実上機能してないから、そこから売春の世界に歩を進めるという流れが多い。これが日本で風俗が女性のセーフティ・ネットであると言われている理由。

 

脱線するけど、事実上、女子の貧困のセーフティ・ネットが風俗しかないのに、売春が日本は違法だから、売春婦が社会保険の網の目から零れ落ちる。もう、泣き面に蜂なんだよね、まさに地獄。

 

まあ、日本の労働環境はそんなような感じだと思うのだけど、近年、日本って不況なんだよね。原因はいろいろ言われてるけど、私は、その最大の原因はインターネットだと思ってる。産業の中心がITになってきてる。そうなると、日本は製造業が強い国なんだけど、ITは弱いわけだよね。それだと、ジワジワと不況になるわな、と思うんだよね。だってGAFA、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、最近元気な会社ってやっぱITだもんね。

 

実際問題、日本の企業って45以上を対象にどんどんリストラが進んでる。日本企業って年功序列だよね? だから、年齢の高い人は給料高いから狙い撃ちで会社をクビになってる。でも、先に話したように日本は再就職が難しいから、大変なんことになるよね。45だと子供がお金かかる時期だしね。

 

というわけで、昭和や平成時代の良い大学いって良い会社入れば人生安泰という神話が令和時代では崩壊してるんだよね。実際。

 

じゃあ、もう、これからの時代は、会社に身を任せたら死ぬわけじゃん。人生、立ち往生ですよ。そうならないように、これからの若い世代は、会社に切られるわけだから、はじめから、日本企業を目指すルートを取らないで、資格やスキルで生きていく方針に変えていくしかないと思うんだよね。

 

看護師とか美容師とか手に職つけるとか。人の適正にもよると思うけど、一番ベストなのは大学や専門でITやプログラム学んで、ITのスキルで、生きていくっていうのが男女ともにベストかね、って思う。

 

資格職っていうと弁護士や医者が有名だけど、あと広義で言えば公務いとか、それらの日本の国家試験って本当に難しいから、合格しなかったら人生厳しいからね、時間だけすぎちゃうから、そういうリスクをこみで考えるなら、まあIT系いくのがファースト・チョイスかなって思う。

 

とにかく、日本ってレールからはみ出すと生きることが難しいから、鼻からはみ出す前提で、人生の戦略ねっていくのがよろしいと思います。

 

日本は自殺が多い国だから、国や社会に殺されないように、生きないとダメだと思ったりするんだよね。

 

死なないように、いきましょう。■