The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

将来、YouTubeはTVを超えるかもしれない。。。。

最近の子供は「将来、ユーチューバーになりたい」とか言ちゃってて、それに対し親は「そんなバカなこといってんじゃないわよ、ぶっ殺すぞっ!」なーーんて会話が日本の家庭で夜な夜な繰り広げられているというニュースを結構、読むよね。

 

下のブロゴスの記事みたいな感じで。

 

blogos.com

確かに、親世代は就職先、仕事って考えると、銀行員が良いよ、みたいな時代だったじゃんね。ほいで、YouTuber、なにそれ胡散臭いって話じゃんね。

 

だけど、結構、銀行って雲行き怪しくね、って感じあるよね。潰れるとは言わないけど。飛ぶ鳥落とす感じはない。とりあえずない。

 

YouTubeの資産価値、って今どれくらいなんだろうね? って思うんだよね。例えば、日本のTV局を買収するのと、YouTubeGoogleから買収するのと、どっちがお金かかるか? って言ったらYouTubeだと思うんだよね。

 

YouTubeって10兆円だすから、Googleに売ってよ、って言っても買えない水準になってると思うんだよね。

 

売れっ子YouTuberとか、びっくりするくらい稼いでいるようだし。。。

 

youtu.be

 

ふーーーーーむ。。。

 

そう考えると、近い将来、YouTubeがTVを超えるかもしれない、って思ったんだよね。今はTVが偉い、YouTubeは怪しい、みたいな。3流の人の集まり、みたいな感じじゃんね。

 

でも、それが逆転するような気がするんだよね。

 

もーーー世の中、何が起こるかわからない。子供世代がYouTuberになりたいっていうのは、案外、正しい感覚なのかもしれない。

 

子供って偏見がないから、今、本当に人気なものに、惹かれる。計算なく。その直感がネットやYouTubeに向いてるなら、それは、正しいのかもしれない。。。

 

最後に進化論で有名なダーウィンの格言を引用して今回は終わりにしますね。

 

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent, but the one most responsive to change.

(最も強いものが、あるいは最も知的なものが、生き残るわけではない。
最も変化に対応できるものが生き残る。)