The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本で男女平等をすすめる方法。。。。

朝日新聞で読んだ「男女平等指数」の記事が興味深かった。記事の内容によると、世界経済フォーラム調べによる、日本の男女平等指数は、149カ国中で110位だったそうだ。まあ、低いと。G7では最下位。

www.asahi.com

 原因はというと、女性の政治家が少ないとか、企業における女性の管理職が少ないとか、そういうことらしい。

 

うーーーーーーむ、である。

 

日本って社会全体の意識として、男は仕事、女は家事育児、みたいな性別的役割分担があるから、こういうのが、なかなか進まないと思うんだよね。田舎とかにいくと特にそうなんじゃないかな? って思っちゃうもんね。

 

だから、今の段階の日本で男女平等を進めると言うなら、強引に行くしか無いと思うんだよね。

 

例えば大学の医学部入試における男女差別が問題になったけれど、その問題であったら、試験を男女別におこなって、合格人数を同数にしてしまえば良いと思うんだよね。医師の数が男女同数となったら、その環境にあうようなシステムが構築されていくと思うんだよね。

 

だって、仮に世の中の医者が全員、女性だったとするよね、そうであったとしても、うまいこと回っていくんだろうな、って思うんだよね。交代に休みをとるとか、人間、バカじゃないですから。

 

まず、現場に女性をどんどん送り込んでいけば良いと思う。そうしながら、後のことは考えていけばいい、と思う。

 

政治も同じで、男女別で選挙をやって、政治家の数を男女同数にすれば、少なくとも筋の上では、政治分野では、ある程度平等になるわけだよね。いいじゃないの。

 

だいたい、日本の政治も会社も、だいたい見切り発車でなんでもするじゃん。こんな納期無理だよーー、みたいなんでも。結局、現場が無理して、ギリギリで回していくじゃん。

 

それができるんだったら、政治家の男女同数も可能だよ。

公務員だって男女別試験にして同数にするとか、大学入試も同じような感じにすれば、例えば東大の理工学部を男女同数にすれば、女性のエンジニアも増えるわけだよ。

 

一回、そうやって外枠でがちっと固めないと、日本で男女平等は、なかなか進まない気がする。

 

どうであろうかね?■