The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

【サッカー】日本代表チームとは何か?。。。

サッカーのコスタリカ戦の親善試合を見ながら、代表チームとは何か?

と考えた。


そこで思ったのは、代表チームとは「線であり点である」という事だ。


日本サッカーには歴史があり、概ね、技術をベースにしたパスサッカーをする、という積み重ねがある。


代表のメンバーが変わろうと、監督が変わろうと、この流れは続いている。


多分、普段やっている日常の日本サッカーや日本人の特質が、そういう流れを形成し、線となっているんだと思う。


これが線。


そして点。

点とは、その時々の監督であり、選手たちである。


選ばれるのは、その試合のある時期に、一番のっている選手であり、監督の好む選手という事になる。


つまり、どんな監督、どんな選手が選ばれるかは、ほとんど運。絶対的な選手もいなければ、監督もいない。


選手としては、もう普段のサッカーを頑張って運を天に任せるしかない。


だから、結局、誰が代表に選ばれるか? など、その時になってみなければ誰にも分からないのだ。


サッカーは、予定通りに進まない。

地図のない、見えない未来に、突き進む。


ただ、その時、今を必死に生きながら。⬛️