The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

『女の価値は顔と若さ』という呪縛。。。

こう、日本の空気を吸っていると、『女の価値は顔と若さ』みたいな雰囲気が、漂っている。

 

その結果か、youtubeやらTwitterを見ていると、整形する系女子とか、アンチエイジングする系女子が多い。別に、男性にモテたいから、というだけじゃなく、自分に自信持てる系女子になりたい、って事なんだろうな、って思う。

 

ここがポイントだと思うんだよね。

自分に自信が持ちたい、ゆえに、整形して美人になる。

方法論としては、この流れだよね。

 

で、あるならだよ。

自分に自信が持ちたい、ゆえに、納得できる仕事をして経済力をつける、とか

資格をとる、とか、なんでも良いわけじゃんね。こう、人に誇れる何かが、欲しい系なわけじゃんね。

 

別に、美人だねーってチヤホヤされるだけが、人間の自尊心じゃない。

 

こういう事いうと、あの女の人、薬剤師なんだって凄いねー、ってなっても、でもブスじゃんって言われたら終わり、っていう人がいるけど、こんなん逆も然りで、あの人、美人だよねー、でも無職じゃん、で終わりなわけで、永遠に続かない底なしのマウンティング・ワールドカップになるわけじゃん。意味ねーっすっよ。

 

男ウケの観点からいっても、女の価値は顔と若さ系男子も、いると思うけど、中身を見る人もいるわけじゃんね。仕事頑張ってる系女子みて、ああ努力家なんだ、尊敬できる、好き、みたいな。

 

人がどこに魅力を感じるか? なんか分からないって。だから、女の価値は顔と若さ、なんじゃーって決めつけて、ブスだからダメ、年取ったらダメなんて思う必要はノッシングですよ。

 

だから、アンチエイジングも整形じゃなくて、他の何かを見つければ良いって思いますわ。

 

人間、歳をとるから、スキルを外見に全フリすると、ほんとキッツイと思うしね。■