The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

終身雇用が安定している、というのは神話にすぎない。。。

日本は、終身雇用制度があって、解雇規制が非常に強い、つまり、企業が社員を解雇できないので、安定した安全な社会とされている。

 

だが、しかしである。そう、されているのだけれど、本当に、終身雇用制度は、安定安心な制度なのか? と疑問に思うのだ。

 

まあ、大企業であれば、確かに安定しておろうけど、中小企業など、倒産なんか普通にあろう。そうなってくると、逆に、中途採用が行われない終身雇用制度の、どこに安定感があるのだろうか? と思うのだ。

 

また、中小はもちろん、大企業といえども、パワハラやらセクハラで、死の間際まで、がぶり寄りさせられることも、あると思うんだよね、そういう時に辞められない、終身雇用って本当に安定感があろうか? とも思う。

 

また、最近は、離婚も多いわけじゃんね? そうなってくると、主婦していた人は仕事が必要になんじゃんね? 終身雇用だと、なかなか、年齢制限やらで再就職ないわけじゃんね?

 

こうして精査していくと、終身雇用って、ぜんぜん安定してない、んだよね。

 

むしろ不安定なんだよね、今いる会社がアウトになったら即死。主婦している人なら旦那さんになんかあったら即死。夫婦なら、連鎖するわけじゃんね。

 

だから、ようは終身雇用制度が安定しているってのは神話に近いんだよ。何の根拠もなく、そう言われいるから、そういう感じがする、みたいな世界観。

 

なんの、論理的な根拠もない。

 

いいかげん神や仏に縋るのはやめにしませんかね? と思いますよ。■