The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

自分以外は、結局、他人。。。

親とか恋人とか配偶者とか子供とか、近い人間関係の者だと、なんで分かってくれないんだよ、的な怒りを感じたりすることが、あると思う。

 

こういう感情に対して思ったのは、結局、親だろうが恋人だろうが、他人なんだよね。所詮。

 

にも関わらず、過剰に、こうして欲しいって期待をしてしまっている。

 

冷静に我が身を振り返れば、自分自身ダメダメ人間なわけで、他者も同じ人間で、そうそう期待できないなんて、分かりそうなもんなんだよね。親といっても、恋人といっても、ただの人間。

 

だから、お互いに気を使わないと、関係性を維持できない。

 

他人は、やはり他人でしか無いのだ。

 

結局、自分の心の闇は、自分で処理していくしかない。人生とは、誰かが側にいたとしても、殺伐とした孤独な旅路なんだと思う。■