The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

モテる方法。

世の中には、数多くのモテ論が存在しておる。男女問わず、みんな異性にモテたくて、しゃーないのだ。

 

そらそーだわな。モテたら気分良いもんな。

 

そこで、私が思うモテる方法を、ここで伝授したい。

 

男性なら、若くて金持ち、になるってことですよ。女性は裕福な男性が好き、って統計的に明らかだからね。医者になるもよし、大企業に行くでもよし、とにかく稼ぐこと。

 

女性なら、若くて美人。これにつきる。若い美人なんて、男から求愛されまくりだろう。実際問題。

 

恋愛市場なんて、ようは金とセックスの交換ですわ。愛とか言ってるけど、そう言わないと、あまりに露骨すぎて、やってらんないんですよ。

 

欧米のカジノで、ジャケット着用が強制ってあるらしいんだけど(←行ったこた無いけどな)、ギャンブルなんか浅ましいから、ジャケット着て上品ぶるんだよ。

 

そして、この「ジャケット」ってのが、やっぱキモなんだよ。金持ちが好き、美人が好き、って言ったって、それを露骨に出したらお終いじゃんって話で、私は、あなたの内面が好きですよ、顔とか金は、偶然、たまたま、好きになったら、オプションとして、ついてきました、っていう体裁が大事なんだよね。めんどくせーけど。

 

たとえ嘘でも、愛は存在する、って信じること、これが大事なんだよね。

 

だけど、ここで、思うんだけど、モテないからダメって話じゃ無いんだよね。

 

貧乏な男性でも、良い人は多くいるし、ブスな女の子でも、素晴らしい人は、いっくらでもいる。逆も然りで、金持ちの男性でもクズはいくらでもいるし、美女でも酷い奴なんか吐いて捨てるほどおる。

 

だから、モテっていうのは、人間を形成する価値の一部分なんだって。だから、別に、そこに固執する必要なんかないんだよね。

 

べつに、モテないってバカにされてもいいじゃないですか? 世の中、それより大事なこともあるって思いますよ。■