The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

過去を捨て、前に進む勇気を。。。

例の、女性が土俵に救護にいき出ていけ、って言われた事件が注目されている。

 

これに対して意見は、百花繚乱。

いわく、相撲は神事だから、土俵に女性が上がれない、のは当然とか、はたまた、相撲界は時代錯誤の男尊女卑団体だーーー!! とか。

 

みなさんは、どう感じましたかね?

 

私が思ったのは、今後、相撲界が、どのような対応を見せていくか? ということ。

 

相撲界って日本社会の象徴的なところがあるんだと思うんだよね。

 

男尊女卑であったり、隠蔽体質で、パワハラばっか、これって日本社会であるとか日本企業と同じだよね。つまり、日本相撲界って日本の解りやすいカリカチュアなんだよ。

 

で、この相撲界の体質を変えるには、根本的に相撲界の思考パターンを変化させないとダメなわけじゃんね。

 

今回の土俵騒動だって、根本的な問題は、土俵を女人禁制にしているっていう点じゃん? そこを、女人OKにできるか? だよ。対応として大事なのは。

 

過去から、延々と続いて来ている伝統、宗教的な誇りや思想、そういった積み重ねを否定し変化をするってことは、本当に大変な作業じゃんね? 

 

日本だけじゃなくて、例えば海外だとインドはカースト制度があって変化が難しかったり、中東を見ていてもイスラム教があって、現代社会にアジャストすることが難しい、過去から続いている宗教や慣習を変えることって、難しい作業なわけだ。

 

結局、社会の変化を阻むものって、どこの地域や国でも、宗教と伝統。

合理的理由の前に、神や伝統が、立ち塞がる。

 

でも、だからと言って、宗教があるから、伝統だから、と何も変えられないなら、時代に適合できずに、朽ちていくしかない。

 

この殆ど不可能とも思えるミッションを、相撲界が成功できれば、日本社会も、少しは変化できるんじゃないか、と思う。

 

過去を捨て、

前に進む勇気を、

見せてください。

 

 

 

私は、期待してます。■