The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

絶望と戦う方法。

人生が楽しい、素晴らしい、メディアは喧伝する。

まるで、日本には不幸な人間など、存在しないかのように。

SNSもそう、人生の光の部分しか、出さない。

 

欺瞞としか、言いようがない。

 

でも、実際問題、我々の人生はドブ川を泳ぐようなもん。苦しくてウザいことばっかの連続性だ。

 

そういうタフな人生道中を、切り抜ける唯一の方法は、ズバリ、死じゃんね?

 

死ぬことは、悲しい悲しい言うけど、この苦しみに満ち満ちた、世界からエスケープできる唯一の方法、それが死っすわ。

 

じゃあ、さっさと死ねばいいじゃん? と。

それは、そうなんだけど、せっかく生まれてきたわけじゃんね?

全力で生きて、こりゃ、もう完全に詰んだわ、、、、っていうポイントまでやったら死ねばいいと思うんだよね。

 

生きる気力がゼロになったら、方策万策つきて八方塞がりになったら、、、、

そん時に、死ねばいいと思う。

 

つまり、人生なんかいつだってクローズしていいわけだ。

だけど、限界まではって、はって、そこまで来たら笑って死ねばいいって思う。

 

昔は、死は悲しい、って思ってた。

でも、違う、死は、解放だよ。この苦しみからの。

 

死を横に置いて、今を生きれば、絶望と戦えると思うのだ。

 

どうであろう?■