The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

結婚と子供を諦めれば、日本は男女平等の国ですよ。。。

日本は男尊女卑の国と、しばしば国内外から言われておるし、事実そうであろうけれど、細かく分析していくと、面白い事実にぶち当たる。

 

男女の賃金格差の曲線を、グラフで見てみると、結婚や、出産を機に、一気に女性の賃金が下がるんだよね。その時点までは、たいして男女に賃金格差はない。

 

この理由はシンプルで、日本は終身雇用があるから基本的に、新卒で入った会社に退職まで所属する、という前提で動いている。だから、一回、辞めちゃうと中途入社が無い。あるいは、あっても給与が大幅に下がる。

 

例えば、東大卒の女性でも新卒の会社を辞めてしまうとコンビニバイトしかない、なんて状況になってしまうわけだ。

 

ある夫婦がいて、結婚して、子供ができたら、まあ女性が会社を退職するわけじゃんね? そうなってくると、必然的に、女性の給料がガクって下がり、結果として、男尊女卑ということになる。

 

男尊女卑にも、いろいろな差別があるのだけれど、日本の場合、大きな問題になっている点は、男女の経済格差。

 

だけれど、新卒主義とは関係ない、看護師とかプログラマーとかみたいな職種であれば、一度、会社を辞めても給与水準が変わらない。経験で、決まる技能職だから。そういった理由で、よく女性は手に職をつけたほうがいい、と言われるわけだ。

 

このように、考えていけば、日本の男尊女卑を回避したいなら、男女ともに、結婚をしない、子供を産まない、という選択すればいいってことになる。

 

事実、日本の企業でキャリアを掴みたい女性は、結婚も子供も諦めているケースが多い。なぜなら、辞めたら、まあ終わりっていうのが分かってるからなんだよね。特殊な技能職以外は。

 

こうして見ていくと、日本の少子化っていうのは、もう必然的なものといえる。だって日本は政府は、女性の社会進出を推奨してるじゃんね? 欧米の女性みたいに自活できるのが素晴らしい理想形だと。

 

で、その通り日本女性が仕事をしようとすると、結婚出産をば諦める、っていう選択に、どうしてもなっちゃう。

 

つまり、社会の前提条件が、欧米と日本では違うんだよね。欧米は転職社会で中途入社が普通だから、女性が仕事をしても、結婚出産が可能で、日本は終身雇用で、中途入社がない社会だから、女性は仕事をすると、結婚出産を諦めなくちゃいけなくなる。

 

だから、自民党が、現状の社会体制のまま、女性の社会進出を促せば促すほど、日本の少子化、比例して酷いことになる、ってわけなのだ。でも、一方で政府自民党は、少子化を改善しなくちゃ、もっと子供を産めって言っている。

 

矛盾してるんだよね、言ってることが。

 

戦前の旧日本軍みたいで、わけわかんねーんだよね。やってることが。圧倒的な軍事力な差があって、それでもアメリカに勝て、気合いで勝て、みたいな感じで、まったく、勝利への合理的な道筋が描けてない。

 

アホですわ。こんなん。

 

というわけで、日本人が男尊女卑を味わいたくないなら、結婚しない、子供を作らない、これだけですわ。

 

なんつーか、とほほほほほ、な結論である。。。■